FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲレンデヴアーゲンのマッドブラック全塗装

昨日は、帰り道に例の小料理屋へ直行
美味しい酒だったが、想像通り高かったかな?
なんだかんだで、7200円なり

いつも行きつけの店で、大体3000円~4000円位
この位がおいらの相場かな?
そんな高額のお店には、とても、とても、行けませぬ.

909-1.jpg

さあ、この画像を見て頂きたい
今流行りの艶なし黒です。
私の領域外!磨くと光るから、オイラは用無し!

なんだかんだで約1カ月近く掛ったようです。
ここ数年、フェラリー、ランボルギーニなど
展示見本市などで脚光を浴びているカラーです

909-2.jpg

多分ですが、かなり以前に、
所ジョージがアメ車のトラックに艶なし緑で
全塗装をした車を見た事あるんですが
それから火がついたのでは?と思っています。

最近では、この手の手法は
大半が、カッテイングテープで貼るのが一般的
金額的にも、いい金額ですよ。
確かポルシェクラスで150万円ぐらいかと?

貼るのは、いいとして
剥がすのが、これが又ややっこしい
塗装も剥がす危険性があるようで
剥がす際に傷をつける場合もあるらしい
だから、ウチでは、貼る作業は採用しない方向です。

909-3.jpg
スポンサーサイト

ポルシェの洗車の盲点

以前、知り合いに鍼灸治療師が居ました。
その方、曰く、人間は、いい気と
悪い気を持っているんだそうです
つまりその時の体の状況が悪い場合は
“邪気”が出ているそうで
その患者さんの治療を終えた後は
妙に体に異変を感じるんだそうです。

そういう患者さんが帰られた後は
手を前にならえ見たいにして
まっすぐにして
手先をぶらぶらさせるんだそうです。

そうすると患者さんの“邪気”が体内からでるんだそすです。
お笑いの東八郎が、つま先を立てて
手をぶらぶらするのとは違いますよ~念のため
人が居ない所でやってください!
あんぽんたんに見えますので

その先生は105歳までは生きる!と
高らかに宣言していましたが
60代後半で、望み叶わず、あの世に召されました。

という事で、どうせなら、これから正月を迎えるこの時期
いい気を運んで新たな気持ちで過ごしたいですからね

磨く際も、いい気を運んで行けるように
願いつつ磨いて居るんですよ。

悪い虫が知らせる様な場合は
近くの神社でお祓いをします。
最近は、習慣化しています。
気持ちのスイッチですね。
いずれにしても、このお車のオーナーさんが
喜ぶ御顔をイメージしながら仕事をしています。
キザに聞こえるかもしれませんが本当です。

908-1.jpg

画像を少し紹介しないといけませんね
このポルシェは、ドアハンドルの内部の隅
ここが洗車のポイントといえます。
日常、一番頻度が高いですから
ほかの車種でも同様にチェックしてみてください

908-2.jpg

この周辺から黒い道筋が出る傾向の車は
間違いなく、この周辺に汚れが溜まっているはずです
年内に、がっちり洗車をしようというあなた
是非チャレンジしてください。

908-3.jpg

ヘッドライトは、コーティング加工中のシーンです 

ポルシェGT3の磨き

朝も寒かったですが
夜になると、さらに冷え込む感じがします
今朝は、マイカーの調子が悪く
スクーターで出勤でした
愛犬を足元に乗せ、約20分掛りましたが
手が悴む位、寒かったです

昨日は、新宿御苑の台湾閣をスケッチしに行きました。
広大な土地に、ぽつんと跳ね上がった屋根が特徴です。

昨日は、春の陽気でしたので
結構いい感じで描けました。

その後は、新宿で70代のおっちゃん達と
3時頃から酒宴です。

忘年会といった感じですが、酒が進んでいくうちに
呂律の回らない方が私の前で
相槌は、打つものの、何の話しやら
さっぱり意味不明でした。

もっぱら、ゴルフの話しと
まだ息子が元気がいいよ~という自慢話
73歳の元エリートサラリーマンです。
そんなこんなで、お開きが5時半ごろでした

それから私は家の近所で散髪をして
その後、物足りなく感じ、焼き鳥やで2杯
我ながらよく飲むな~と
他人事じゃないな~と感心した
酔っぱらいの自分でした

906-1.jpg

さてこのお車は、10年来のお得意様
以前は、アルテッツアにお乗りでしたが
念願のポルシェを3年前に購入されて
ルンルンの40代の独身サラリーマンです。

906-2.jpg

ガラスの飛び石が発生したことをきっかけに
一般車両保険加入に加入されていたので
保険で無償交換された-ケース

その飛び石の影響で
バンパー、ボンネットにも飛び石があり
ガラスに至る軌跡を証明した結果
この部位も、何とか認めさせた稀に見る大成功のケースです

通常は、バンパーやボンネットには飛び石はつきもので
保険会社もそうそう簡単には認めないケースが大半です
その方の過去の保険発生履歴や
お勤めの会社が優良企業であれば、それも左右される場合もあります。
つまり社会的立場や、社会的地位なども
あながち、影響しなくもないと言えます

906-3.jpg

最後は、わたし目の説得力に尽きることは否めませんが(えらそう)
という事にしてください。
では、またあした

ストリームのヘッドライトのくすみ復活工程画像

こんにちは

選挙の投票率がイマイチふるわないようですね
政党が乱立しすぎて、迷います

この前、この選挙に投票しない場合の
年代別の損失率を紹介している番組がありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kaigaieigyoucom/21182359.html

詳細は、ご覧頂いてご判断ください。

903-1.jpg

さて、こちらのストリームについて
このお車の環境は、屋根付き車庫で保管されている
土日しか乗らないレベル

右側の部分に、よく日が当たる立地らしい
左右比べてみても、クスミ、カスミの状態が、明らかに分かる

こちらの方が、灰色に変色して居る範囲が約60%以上
ヘッドライトの下の部分よりも上から中心におりて
かすれている部分が目につく

903-2.jpg

まずは粗めのコンパウンドで研磨してどう変化するか
徐々に変化すると判断出来たら
ペーパーを使用しないで研磨で一気に透明感を出す

最後は、耐熱性ガラスコーティングを塗布して仕上げる

903-1.jpg

今日は、やはり腰が痛いですね
腰を庇いながら、作業をしています。
今日は、ポルシェを加工の一部までやって帰ろうかな
ではまた
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
茶暮れ爺の独り言 (14)
コーティング (25)
カークリーニング (22)
エアコン・クリーニング (7)
ヘッドライトカバーのくもり対策 (7)
洗車のポイント (4)
傷凹み板金修理 (0)
未分類 (0)
ガラスコート (0)
GOOGLE+
Google+
カーケア読者登録
Google Analytics
tatsumi Analyzer
Facebookページ
検索フォーム
会社案内

究極コーティング
究極のコーティング
ネットギア
 電話045-949-0807
 営業時間:10:00~19:00
 〒224-0063
 横浜市都筑区長坂2-3
 FAX:045-479-1933

 メール
ボディーコーティングの最適なコースをおすすめし、納得のいく価格でご対応させていただきます。
お試しコースから、エシュロン加工やWhelm加工などガラスコーティングまで多彩なメニューをご用意しております。
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
FB ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。