FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMWのボンネットの磨き工程

今日は、皆さんお休みの方が多いと思います。
今日あたり紅葉も見収めでしょう
多分箱根辺りも大渋滞でしょうね

来週平日を利用して大山辺りに絵を描きに行こうか?
と考えています。

センター北駅周辺も陽気がいいせいか
結構な人で賑わっていました。

さて、俄かに私も忙しくなってきました
先程から、来客が多く中々集中して作業が出来ない状態です

来週は、てんこ盛りで入りそうです。
有難い事です。

869-1.jpg

この画像は、昨日約1日を使って磨いたシーンです。

869-2.jpg

この部分は、車の顔とも言うべきか所だと思いますので
必然的に、リキが入りますね

どうでしょうか出来は~?

869-1.jpg
スポンサーサイト

BMW洗車のポイント

ご覧のような所がポイントです。

857-3.jpg

サイドマーカーランプも横にスライドさせれば
外れますので、チャレンジしてみて下さい。

857-1.jpg

リアガラスの内側に強力洗剤を吹き付けて
そこをブラッシングしてみましたら
出てくる!出てくる!黒い墨の様な汚れが?

857-2.jpg

ゴムで囲って、いないからでしょうか
ガラスの下側辺りが特に食い物が流れてきます。
今週の土日でも、ここをポイントにして見て下さい

多分驚かれると思いますよ!

白い車の特徴でもありますが?

隙間、隙間が洗車のポイントになります。
どうしても、砂や脂など入り込み
やがて、そこから黒い垂れた様な汚れの道筋になりますね

856-1.jpg

そういう隙間をポイントに強く放水洗車を心がけて下さい
856-2.jpg

このBMWの場合ですと
リアフェンダーとリアバンパーの付け根周辺や
トランクの内部に目を向けると
水が流れ落ちる個所などが代表的な個所です。

856-3.jpg

ヘッドライトの復元研磨工程の画像

ただ今の時間14時27分

まだ昼飯してません
腹減ってきましたので、ここで一服中

854-3.jpg

ご覧の様な作業を繰り返し行います。
先ずこの修理を快く扱うショップは
全国でも数少ないと思います。

854-2.jpg

そもそも、プラスティックを磨く行為が
考えにくいからです。

素材はポリカボネートと言われる樹脂製で出来ています。
摩擦熱を加えると白濁したような結果になりがち
透明感が失われるから、余計、ややっこしいんです

微妙な研磨の仕方の調整が必要だと言えます。
軽いレベルならカーショップでも売られているもので
間に合うかもしれませんが?

854-1.jpg

多分、余程、気付いた時でないと
改善しようとは、思わないでしょうね
それだけのダメージを発見しないと
誰も依頼されないでしょうね。

ただ今このお車のボディーの研磨作業中です。

ヘッドライトの曇り改善のための研磨

ただ今の時間はお昼時ですね

今日は、暖かい感じがしますが
皆様のところは、どうですか?

今日の新聞にガソリンスタンドが危機状態に!
と特集がありました。

どうも、全体の2割しか補給タンクの
ガソリン漏れ工事がされていないらしく
これが、この時期に法律で決められたそうです。

そうした場合ですが、工事費用が約1000万円を
ねん出しないといけないそうで
現状の経営でも、採算が取れないのに
更におぶさる為、廃業せざるを得ない
SSが増えるだろう
と予想されているようです。

ますます、ガソリン車が追いやられますね?
非常に困ったものです。

都内では、ガソリン補給も、ままならない位
SSが減ってきてますしね

早朝ゴルフへ行く際に都内に近づくに従って
ガソリンが最低レベルになったかと思ったら
もうすでに遅くガス欠になった苦い記憶があります。

大変でした!ゴルフのスタートには、間に合わないし
SS探しも大変でしたから

さて本題へ
853-3.jpg

今、研いだ後の画像です。
波打っているように見えるでしょう。
どうしてか?

853-2.jpg

このライトの表面には、UVカット用クリアー塗装
されているらしいのですが
一部が剥がれていると、こういう疎らな状態になるんです
853-1.jpg

コーティング剤の剥がし作業

急に冷え込んできました。
最近、この時間になると冷え込みますね?
今日の読売新聞の1面に清水寺のライトアップの記事がありました

見事なぐらいに綺麗な紅葉のライトアップです。
紅葉の見頃は、中旬から下旬位までらしいですが
12月1日までライトアップは、されているそうですよ
此方方面ですと大山の紅葉のライトアップも絶景ですね
そろそろなのか?もう実施されているかもしれませんね
http://koyo.walkerplus.com/detail/ky2064.html

私は個人的に、まず京都へ行く時は
この清水寺から始まります。
というか、他を、余り知らないというのが正直なところ

行く度に、この寺のスケールに圧倒されます。
清水寺の舞台と言われる所からスケッチを試みるんですが
今よりも高校生の夏のころに描いた時の方が
なんだかスラスラと描いていたような?
そんなタッチです。

迷いがないんでしょうかね?若いころの方が
理屈にとらわれないものがあるからでしょうか

さて、今日ご紹介するのは
あまりないニーズですが
コーティング加工を自分でしたまでは、いいが
どうにも、こうにも、綺麗になるどころか
汚くなってしまいお手上げになって入庫となったケース

847-1.jpg
ご覧のように濁った状態です。
ここまでになると、もう剥がすしかありません。

847-2.jpg

847-3.jpg

ベンツのヘッドライトの曇り復元画像

こんにちは

今日は割と暖かいですね?

最近感じる事があるんですが
平日、街中を走る事が多くあるんですが
走っている車の台数が少なく感じるんですが
そう感じるのは、私だけでしょうか?

この港北ニュータウンも
空き物件を探すのが難しいと言われていたんですよ
予想の商店街が寂れても、ここだけは元気がいい!と
でも最近では、次の予定が埋まらない傾向にあるとか?
それだけ景気が悪いんでしょうね

かくいう当社も、そうですが昨年、北山田から
こちらに結集して移動した位ですからね
移動して、この11月で早いもので1年目を迎えます。

846-3.jpg

さて、またヘッドライトの曇り改善の依頼です
割と簡単に外せたので
今回のこのベンツは、ライトを外して作業をしました

846-2.jpg

部品を外して作業をする場合は
最終的にコーティング加工するか?
塗装をするかをチョイスして頂くんですが

塗装の方が料金が2割から3割アップとなる為
今回は、予算の関係でコーティング加工をしました。
コーティング剤も色々と出回っていますが
当社はWhelm液材を使用します。

特徴は、ガラスコーティングでも
めちゃクッチャ弾くタイプです。

この液材は、虫の死骸などもガードする特性があります。
何よりも皮膜が一般の液材よりも厚く硬化する為
青空駐車場でも最低でも2年位は大きく変化しません。

勿論、ただ塗るだけで復元する訳ではありません。
そこまで持っていくためには
何工程も研いで、いってはポリッシャーで磨くの作業が
繰り返し行わないと復元できません。

846-1.jpg
画像を見て頂く通り、ご覧のように
磨いた方と磨く前では、違いがハッキリと分かります。

気になってるけど、諦めている方いらしたら
とにかく此方へ尋ねてみて下さい。

可能かどうかは、見て一部磨いて試してみて
みないと分かりませんが
納得できるレベルであればお受けします。

明日から週末で割とご来店が多い為
来られる際は事前にメールかお電話をください。
拝見して判断しましょう

では、また こちらがアドレスと電話番号です。

info@netgear.co.jp
045-949-0807

塗装をしたヘッドライトの画像

塗装をしたヘッドライトの画像
2012/11/02


何度か、しつこいように説明しています
このヘッドライトは、どうして曇るのか?

837-1.jpg

思い出して頂くと分かると思いますが
15年ぐらい前までに製造された自動車は
従来からガラスが装着されていました。

キセノンライトやHIDの登場で
より遠くを照らすライトに人気が集まり
そうした場合、ガラスの表面に刻んである縦の筋加工が不要になり

今はガラスからポリカボネートという
樹脂製に変更されています
耐熱性に富んでいるというのが特徴らいしいのですが

採用されて、徐々に、その欠点が発見されています。
新車販売コストの問題もあると思いますが
よもや、数年で劣化するとは予測していなかったようです

現段階でも、国内の高級車の一部しか
改良されたレンズは発売されていないようです。
ベンツ、BMWでも同様に従来のモノらしいですよ

ヨーロッパは、日本ほど猛暑にならない環境下だから
余計こんな現象になるとは、予想できないでしょうね

そういう事で、しばらくは
ヘッドライトがくすむ現象は改良されないと思いますよ
837-2.jpg

年々劣化は進みますから
早いうちに何らかの手を打たない限り改善できません。

交換するのが関の山というのが現状でしょう。
真剣にお悩みの方は、ぜひご相談を

837-3.jpg

この画像は、とことん磨いて
何とか、ここまで回復させました
いい見本例と言えるでしょう。
全てが、このようにうまくいく保証はありません

交換をしないまでも、もう少し透明感が欲しい
何とかならないものか~?
そういうお悩みなら、お受けしますよ!
必ず見てからの判断ですので
そのうえで、オコシヲ!


ライトの参考案件

http://ja.wikipedia.org/wiki/HID%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
茶暮れ爺の独り言 (14)
コーティング (25)
カークリーニング (22)
エアコン・クリーニング (7)
ヘッドライトカバーのくもり対策 (7)
洗車のポイント (4)
傷凹み板金修理 (0)
未分類 (0)
ガラスコート (0)
GOOGLE+
Google+
カーケア読者登録
Google Analytics
tatsumi Analyzer
Facebookページ
検索フォーム
会社案内

究極コーティング
究極のコーティング
ネットギア
 電話045-949-0807
 営業時間:10:00~19:00
 〒224-0063
 横浜市都筑区長坂2-3
 FAX:045-479-1933

 メール
ボディーコーティングの最適なコースをおすすめし、納得のいく価格でご対応させていただきます。
お試しコースから、エシュロン加工やWhelm加工などガラスコーティングまで多彩なメニューをご用意しております。
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
FB ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。