FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェカイマンのコーティング

先ほど近所に買い物をしに出かけたら何時も知り合いの店で、何か雰囲気が違う??
よくよく見ると、偲ぶ会と書いてある張り紙
中を恐る恐る覗いてみると知り合いの方から聞いた凶報だった
なんと、この小料理屋の親父が他界したとのこと
これから一段落したら『偲ぶ会』に顔を出す予定

628-1.jpg

以前にZ4に乗っていた方で
板金修理のご相談に見えた経緯がある方
そのときに相談を受けた箇所は
BMWに依頼した塗装修理だった
その仕上がりが悪かったのでそれを指摘してクレーム扱いに応じると思うよ
という指摘をしてお帰りいただいて

それから、購入されたらしく今のこのポルシェになったそうで
今回は、ディーラーに依頼しないで当社に依頼された

628-2.jpg

なかなかのスタイルですね
特に、カイマンは、リアフェンダーが大きく
ボリュームアップしているから余計セクシーに見える

628-3.jpg

さて、今ご覧頂いているのが
コーティング加工に入ッているシーンです。

631-1.jpg

このWhelmの液材は
固まるのが早く、硬化が始まると
拭き取れない状態になり
作業に集中しないと大変なことになり
非常に扱いに神経を使います

従来、10年ぐらい親水性の
ガラスコーティングが主流でしたが
ここ数年は、今回のような撥水性のWhelm
ガラスコーティング剤が主流になってきています。
631-2.jpg

固まるとまさしくガラスのような
透明の結晶体を形成していきます。
この透明度の高さが光沢に繋がる素材と言えます。

このWhelmは、今ご覧頂いているように
ワイパーアームや、レンズなどの樹脂系パーツ
タイヤ、ガラス以外でも塗布が可能で
傷防止や光沢復元にも大きな期待が持てます。

でも、何度も言いますが眩しい位の光沢を放つためには
やはり、その前の下地の磨きという工程を外しては
最終の光沢を放つことも
長時間維持することも出来ません。
631-3.jpg

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
茶暮れ爺の独り言 (14)
コーティング (25)
カークリーニング (22)
エアコン・クリーニング (7)
ヘッドライトカバーのくもり対策 (7)
洗車のポイント (4)
傷凹み板金修理 (0)
未分類 (0)
ガラスコート (0)
GOOGLE+
Google+
カーケア読者登録
Google Analytics
tatsumi Analyzer
Facebookページ
検索フォーム
会社案内

究極コーティング
究極のコーティング
ネットギア
 電話045-949-0807
 営業時間:10:00~19:00
 〒224-0063
 横浜市都筑区長坂2-3
 FAX:045-479-1933

 メール
ボディーコーティングの最適なコースをおすすめし、納得のいく価格でご対応させていただきます。
お試しコースから、エシュロン加工やWhelm加工などガラスコーティングまで多彩なメニューをご用意しております。
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
FB ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。