FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨時の洗車ポイント

こんにちわ

今日は、秋の様な空気を感じています。
みなさんは、どうですか?
日差しは、強いのに
ちょッぴり肌寒いから
上着を羽織らないと鳥肌が立つ

もうすでに梅雨に入ったようですが
なにか変ですね?

さて梅雨時には、どうしても水垢が気になる季節
ボディー全体を洗車する際に
ここに挙げた画像のパーツ周辺に目やってほしい

汚れた状態から雨が降って、そのまま放置した場合
どうしても、溜まりやすいのが
こういう箇所なんです。

1063-1.jpg
特に水垢が垂れている所があれば
その水垢の、元を探っていけば、そこがポイントと言える

その周辺を爪楊枝や綿棒を使用して
掃除してあげれば、暫くは、汚れません
ドアヒンジ周辺も、同様に目を向けていきましょう

1063-2.jpg


そしてドアの上部の隙間
この周辺には、砂や土埃が溜まりやすい所
洗車の仕上げにこういう個所をポイントにしてください

1063-3.jpg


Facebookはこちら
では、動画を載せてますので
お時間なる時にでも、ご覧ください

また友達になっても、いいよ!という方
友達申請をお願いします。
スポンサーサイト

ポルシェの洗車の盲点

以前、知り合いに鍼灸治療師が居ました。
その方、曰く、人間は、いい気と
悪い気を持っているんだそうです
つまりその時の体の状況が悪い場合は
“邪気”が出ているそうで
その患者さんの治療を終えた後は
妙に体に異変を感じるんだそうです。

そういう患者さんが帰られた後は
手を前にならえ見たいにして
まっすぐにして
手先をぶらぶらさせるんだそうです。

そうすると患者さんの“邪気”が体内からでるんだそすです。
お笑いの東八郎が、つま先を立てて
手をぶらぶらするのとは違いますよ~念のため
人が居ない所でやってください!
あんぽんたんに見えますので

その先生は105歳までは生きる!と
高らかに宣言していましたが
60代後半で、望み叶わず、あの世に召されました。

という事で、どうせなら、これから正月を迎えるこの時期
いい気を運んで新たな気持ちで過ごしたいですからね

磨く際も、いい気を運んで行けるように
願いつつ磨いて居るんですよ。

悪い虫が知らせる様な場合は
近くの神社でお祓いをします。
最近は、習慣化しています。
気持ちのスイッチですね。
いずれにしても、このお車のオーナーさんが
喜ぶ御顔をイメージしながら仕事をしています。
キザに聞こえるかもしれませんが本当です。

908-1.jpg

画像を少し紹介しないといけませんね
このポルシェは、ドアハンドルの内部の隅
ここが洗車のポイントといえます。
日常、一番頻度が高いですから
ほかの車種でも同様にチェックしてみてください

908-2.jpg

この周辺から黒い道筋が出る傾向の車は
間違いなく、この周辺に汚れが溜まっているはずです
年内に、がっちり洗車をしようというあなた
是非チャレンジしてください。

908-3.jpg

ヘッドライトは、コーティング加工中のシーンです 

BMW洗車のポイント

ご覧のような所がポイントです。

857-3.jpg

サイドマーカーランプも横にスライドさせれば
外れますので、チャレンジしてみて下さい。

857-1.jpg

リアガラスの内側に強力洗剤を吹き付けて
そこをブラッシングしてみましたら
出てくる!出てくる!黒い墨の様な汚れが?

857-2.jpg

ゴムで囲って、いないからでしょうか
ガラスの下側辺りが特に食い物が流れてきます。
今週の土日でも、ここをポイントにして見て下さい

多分驚かれると思いますよ!

白い車の特徴でもありますが?

隙間、隙間が洗車のポイントになります。
どうしても、砂や脂など入り込み
やがて、そこから黒い垂れた様な汚れの道筋になりますね

856-1.jpg

そういう隙間をポイントに強く放水洗車を心がけて下さい
856-2.jpg

このBMWの場合ですと
リアフェンダーとリアバンパーの付け根周辺や
トランクの内部に目を向けると
水が流れ落ちる個所などが代表的な個所です。

856-3.jpg

淡色系の洗車のポイントと欠点

洗車のポイントを紹介

昨日は、北朝鮮のミサイルの話題で
戦々恐々でしたが、結果、失敗でよかったですが
ただ問題なのは、防衛省の情報発信の遅さでしょう
もし非常事態になったら、どう対処するんでしょうかね

以前に防衛大学出身の方と雑談の中で
こんな話をしていたのが記憶に新しいので
さわりだけ紹介しましょう

現在の自衛隊の装備している武器ですが
なんと、30年も前の古い銃器らしいんです
これでは、この時代に、どう対処できるんですかね
防衛費の予算の問題、隣国との問題など色々ありそうです

758-1.jpg

さて、また、こちらのベンツの話題へ
今見て頂いている画像は
洗車のポイントとして捉えてください

手にしているのは、使い古しの歯ブラシ
馬の毛ブラシです。
使用している洗剤はエンジンクリーナー用の洗剤
ただしプロだから使用しているというのが前提
あとあと磨きの工程で傷を消していくので問題なし

一般的に歯ブラシで傷つくのを敬遠しがちでしょうから
そういうケースの場合は、馬の毛ブラシがおすすめ

ただし、頑固に隙間に汚れが堆積している場合は
歯が立ちにくいのが現状でしょう
頑固な汚れを落とすことを優先するか否かで判断すべき

いずれにしても、こういう隙間がポイントです
どうしても汚れが、こういうところには溜まります
ついつい、見逃しがちなんですね

758-2.jpg

2枚目の画像ですが
よく見てくださいね
この個所は、フロントフェンダーのボディー
と、その下の部分(ロッカーパネル)の間に
ラバーがあります

このラバーで汚れ防止をしているはずですが
このラバーの中に、たくさんの砂や油が潜り込んでいます
何回も何回も、ここをポイントに強く放水しては
クリーナーとブラシで掻き出し洗浄をしていますが
画像にありますように
面白いように砂がたくさん出ています

758-3.jpg

このお車は卸して5年になりますが
こんなに出るのか?と感じるぐらいに大量に出ました

爪の垢を落とすようなイメージで是非チャレンジしてください
気持ちも、春らしく、リフレッシュできる筈
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
茶暮れ爺の独り言 (14)
コーティング (25)
カークリーニング (22)
エアコン・クリーニング (7)
ヘッドライトカバーのくもり対策 (7)
洗車のポイント (4)
傷凹み板金修理 (0)
未分類 (0)
ガラスコート (0)
GOOGLE+
Google+
カーケア読者登録
Google Analytics
tatsumi Analyzer
Facebookページ
検索フォーム
会社案内

究極コーティング
究極のコーティング
ネットギア
 電話045-949-0807
 営業時間:10:00~19:00
 〒224-0063
 横浜市都筑区長坂2-3
 FAX:045-479-1933

 メール
ボディーコーティングの最適なコースをおすすめし、納得のいく価格でご対応させていただきます。
お試しコースから、エシュロン加工やWhelm加工などガラスコーティングまで多彩なメニューをご用意しております。
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
FB ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。